自家歯牙移植

抜歯した歯を再び元の場所に戻す歯牙再植とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった時に、歯の移植により治療する方法があります。
その中には、抜歯した歯を再び元の場所に植え直す歯牙再植という治療もあるのです。
歯牙再植とは、どのような治療なのでしょうか?
歯牙再植の内容について、解説します。

歯牙再植とは?

歯牙再植は、事故などで歯が抜けかけている時にわざと歯を抜いて、処置をした後でもう一度元の場所に戻す治療のことをいいます。
また、歯の治療のために抜歯して戻す場合は意図的再植といいます。

自家歯牙移植の場合は、親知らずなど不要な歯を抜歯して別のところに移植しますが、歯牙再植の場合、歯を一度抜いてから元の場所に戻すだけなので、歯が残っていることが最低条件です。

インプラント治療とは異なり、自家歯牙移植と同様に自分の歯を植えることになるため、生体にやさしく金属アレルギーなどの心配もありません。
条件が合う場合には、非常に効果的な治療法と言えるでしょう。

歯根が破折した時は、再植による治療が有効です。
破折した場合、通常であれば抜歯する必要があるのですが、どうしても歯を残したい場合は再植による治療を行います。

再植の治療を行う場合は、一度歯を抜いて破折した部分を接着して補修します。
問題なく接着出来たら、元の場所に戻します。
上の前歯や小臼歯部が破折したときなどは、治療が可能なケースが多いでしょう。

歯根に穴が空いてしまい、そこから骨に感染していくケースの治療方法としても、再植が有効です。
穴が空いている歯は根管治療で修復するのが難しいため、抜歯後に穴を特殊な材料によって修繕します。
穴が塞がったら、また同じ場所に戻すのです。

根管移植では完治させるのが難しい、根尖病巣などがある歯に対しては、意図的再植を行います。
病巣が大きくなっていると、根管治療では成功率が低いのです。

一度抜歯をして、歯の根元部分を3mmほど切断します。
切断後は綺麗に消毒してから、薬を詰めて閉じます。
すぐに、抜歯したところに戻して治療は完了です。

根尖病巣は、掻把して人工の骨材などを充填しておきます。
骨が溶けている場合は感染源が無くなってからゆっくりと戻っていくのですが、それには数カ月から数年はかかるため、早く戻るように人工骨材を充填しておくのです。

根管治療は、初回であれば90%以上が成功するものの、2回目以降になると60~70%ほどに成功率が下がってしまうため、治らないケースも増えてしまいます。
再植での治療であれば、確実に病巣を除去することができます。

再植の注意点

再植で無事に歯を戻すための注意点として、まずは歯根膜の扱いがあります。
歯を抜いて、再び戻すためには歯根膜が重要な役割を担います。
歯根膜は歯と骨を結合させる働きがあるため、歯根膜が失われると歯の固定ができなくなってしまうのです。

抜歯してから再植するまでの間に、歯根膜が乾燥してしまうと治療の成功率が大きく下がります。
なぜなら、乾燥すると、歯根膜の中の細胞が死滅してしまうからです。

細胞が死滅すると、歯根膜が持つ機能も失われてしまいます。
ゆえに、歯根膜は、絶対に乾燥させないように気をつけなければなりmさえん。

乾燥だけではなく、歯根膜を傷つけてしまわないように注意する必要もあります。
傷ついた歯根膜は本来の機能を発揮できなくなってしまうので、抜歯は慎重に行う必要があるのです。

抜歯する際は、歯根膜を傷つけないように繊細な作業が求められます。
しかし、抜歯後は乾燥しないように急いで処置をする必要があります。
再植には、技術や知識が求められるのです。

治療をした後は、左右の歯にワイヤーをつけ、動かないように固定します。
定着する間には3カ月ほどそのままにしておく必要があり、再植した後に被せものをつけるときは、なるべく歯根部分に負担をかけないようなものを選ぶ必要があります。

再植が必要な状態では、歯の一部が欠けていることも多いため、被せものも必要になります。
被せものは金銀パラジウム合金の銀歯や、歯科用プラスチックのレジン、セラミック、ジルコニアなどがあるので、自分の希望に合ったものを選んでください。

再植治療においては、歯がきれいに抜けないせいで歯根膜がはがれることもあります。
また、薄い歯の再植治療で抜歯の際に割れてしまった場合は、治療ができなくなります。
さらに、上手くいっても、歯根吸収によって長くは使えないケースもあることに留意しましょう。

まとめ

歯の再植治療は、歯を抜いて処置をした後にもう一度元の場所に戻す治療方法です。
歯根の先に感染している根尖病巣や、事故で歯が抜けかけている場合に行われる治療で、根管治療では消毒が難しい場合などでも治療することができ、破折した歯も接着してから戻すことで、そのまま使用できます。
しかし、治療は歯根膜を傷つけない繊細な技術が必要となるため、経験が豊富な歯科医師に治療を依頼するのがおすすめです。
東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。
一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます