− 虫歯治療 −

五反田駅前歯医者 虫歯治療

歯科医院は、怖くて嫌なところと思っている方は多いのではないでしょうか。確かに虫歯の治療で痛い思い、不快な思いをされた方は多いでしょう。しかし、治療技術や機器の進歩などで、痛みなど患者さまの身体的な負担もかなり軽減されてきました。

しかし、治療の痛みを味わわずにすむ方法が1つだけあります。それは虫歯や歯周病にならないことです。人によっては、体質から虫歯になりやすい人もいます。しかし、そうした方も、歯科医院で定期的なメンテナンスを受ければ、虫歯を予防することができます。

歯科医院では、虫歯や歯周病の治療、義歯(入れ歯)や詰めもの・かぶせものの修理、抜歯など口と歯の健康にかかわる診療を幅広く行っています。そして、それだけではなく、虫歯や歯周病を防ぐための治療や処置も行っています。

「虫歯になったから」、「歯が痛むから」歯科医院に行くことも大切ですが、これからは「歯を守るため」にも歯科医院を利用してみませんか。

ミニマム・インターベンションについて

五反田駅前歯医者 虫歯治療 MI

当院では、MI(ミニマム・インターベンション)という考え方を大切にしています。ミニマムインターベ-ションは、2000年に国際歯科連盟が提唱した歯科治療の新しい考え方で、「最小限の切削」という意味です。

例えば、これまでの治療では、非常に小さな虫歯であっても、虫歯を取り除いた後、穴が開いたところに銀歯を詰めるため、健康な歯の部分も大きく削り取っていました。削り取る部分が小さいと、詰めた部分が再び虫歯になったり、銀歯がすぐに取れたりするからです。

でも、健康な歯を削ってしまえば、歯は大きなダメージを受けてしまいます。せっかく、虫歯を直したのに、虫歯治療で歯が大きなダメージを受けたため、虫歯になりやすくなるということが起きてしまうのです。

そこで、MIでは、従来の「虫歯になりやすい部分は、虫歯になっていなくても削って詰める」という考え方を否定します。虫歯は脱灰(進行)と最石灰化(修復)を繰り返しながら進行していくという、最新の研究成果に基づき、再石化を促すことで虫歯の進行を食い止めます。また、最新の接着技術によって、大きく歯を削らなくても、詰め物ができるようになったこともMIを可能にしました。

こうした治療には、虫歯になっている部分と健康な部分、そして虫歯になりかかっているものの、最石灰化によって自然な修復が望める部分をしっかり見極めることが重要になります。

当院には、これが可能な新しい機器と確かな治療技術を持った歯科医師がいます。患者さまの歯をできるだけ長く、一本でも多く残して、快適で満ち溢れた日々を過ごせるよう全力でサポートいたします。

虫歯の原因と進み方

みなさんは、虫歯がどのように進行していくか、ご存知でしょうか。虫歯の治療や予防を考える前に、虫歯の原因や進み方について知っておきましょう。

虫歯の原因は口の中の細菌

五反田駅前歯医者 虫歯治療 虫歯の原因

虫歯の直接の原因は、口の中にいる細菌です。虫歯の原因となる細菌を総称して一般的に「虫歯菌」といいます。

虫歯菌は、食べ物のかすなどによってできる歯垢(プラーク)の中に潜んでいます。歯垢がにヌルヌルしてネバネバしているのは、虫歯菌が食べ物の糖質をエサにして、ヌルヌル・ネバネバ物質を作りだしているからです。

そして、虫歯菌は酸を排出し、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどといった成分を溶かしていきます。それによって、歯に穴があくのが虫歯です。虫歯が小さいうちは、唾液に含まれる成分が歯を修復してくれます。しかし、歯磨きをしなかったり、糖分を取り過ぎたりしていると、唾液による修復が間に合わなくなり虫歯は進行していきます。ある程度、虫歯が進行してしまうと、もう元には戻りません。

また、虫歯のできやすさは体質にも影響されます。もともと口の中に虫歯菌の数が少ない人や、だ液の力が強い人は、虫歯になりにくいとされます。

虫歯予防には、次の3点が重要だとされます。

1.歯質の強さ

歯質は個人によって強さに差があり、生まれつき歯が丈夫で虫歯になりにくい人もいます。しかし、工夫次第で資質を強くすることはできます。再石灰化を促進するフッ化物を歯科医院で歯に塗れば、虫歯なりにくくなります。また、だ液をたくさん分泌できるよう、食べ物をよく噛むことも効果的です。

2.細菌を落とす

歯磨きをして歯垢を落とせば、口の中の虫歯菌を減らすことができます。ところが、どんなに丁寧に歯磨きをしても、すべての歯垢は落せません。このため、歯科医院でメンテナンスを受け、歯垢や歯石を落としてもらうことが大切です。また、キシリトールやフッ化物を利用すれば、虫歯菌の活動を抑えることができます。

3.間食をできるだけしない

唾液による歯の修復は、食事の合間に行われます。しかし、間食で糖分が含まれるものを食べると、歯の修復が十分に進まず、唾液の働きよりも虫歯菌の活動が勝ってしまいます。間食で甘いものを食べるのは控え、バランスのとれた規則正しい食生活を心がけることが大切です。

虫歯はどうやって進行する?

C0 初期の虫歯

虫歯菌は酸を出し、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。ごく初期の段階では、歯の表面が白っぽく濁ったり、溝が茶色くなったりします。痛みは全くなく、自覚症状もありません。この段階であれば、唾液の力によって歯を修復(再石灰化)することができます。

【治療法】
適切なブラッシングを指導いたします。また、フッ素塗布等の虫歯が進行しないための予防処置をおこないます。

五反田駅前歯医者 虫歯治療 C0
C1 歯の表面の虫歯

歯の表面のエナメル質に虫歯ができている状態です。歯の光沢がなくなり白っぽくザラザラしてきます。この時点では、まだほとんど痛みはありません。虫歯は歯磨きで歯垢を落としにくい、歯と歯の間や奥歯の深い溝などから始まります。

【治療法】
虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

五反田駅前歯医者 虫歯治療 C1
C2 歯の内部まで進行した虫歯

歯の表面を覆うエナメル質の内側には、象牙質という部分があります。エナメル質が溶かされ、象牙質まで虫歯が進むと、虫歯になった部分が黒く見え、冷たいものや熱いものがしみるようになります。早期の治療が必要です。

【治療法】
虫歯に冒された部分を削り、詰め物(インレー)によって患部を保護します。虫歯が進行してしまっている場合は神経をとる場合もあります。

五反田駅前歯医者 虫歯治療 C2
C3 神経まで進行した虫歯

象牙質の内側には歯髄と呼ばれる部分があり、そこには神経や血管が集まっています。虫歯が進行して歯髄にまで達すると歯髄が炎症をおこします。こうなると、歯は激しく痛みます。この段階にまで虫歯が進むと、虫歯部分を削るだけでなく、菌に侵された歯髄も取り除く必要があります。治療には期間を要し、歯もかなりのダメージを受けてしまいます。

【治療法】
虫歯に冒された部分を削り、患部を覆う被せ物(クラウン)を装着して患部を保護します。
当院の審美治療はこちら

五反田駅前歯医者 虫歯治療 C3
C4 歯の根の部分まで進行した虫歯

虫歯を放置していると、虫歯菌によって歯の上の部分はほとんど溶かされてしまいます。そして、虫歯はさらに歯の根(歯根)へと進みます。この段階になると、歯の神経が死んでいることが多く、痛みもなくなります。この段階では、歯を抜かざるを得ません。

【治療法】
多くの場合抜歯による治療を行いますが、根管治療によって歯を保存できるものもあります。
抜歯による治療後は入れ歯やブリッジ、インプラントによる機能回復を目指します。
当院の根管治療はこちら
当院のインプラント治療はこちら

五反田駅前歯医者 虫歯治療 C4

歯の根管治療

五反田駅前歯医者 虫歯治療 根管治療

虫歯が進行すると、歯の根の治療が必要になります。歯の根には神経の通り道である「根管」がありますが、非常に複雑な構造で形状も個人差があるため、非常に難しい治療です。当院では、できるだけ少ない回数で根管治療が終わるよう、しっかり確認をしながら適切な治療を心がけています。

虫歯予防

虫歯になるのを防ぐには、歯磨きなど自宅でのケアと歯科医院での専門的なケアの両方が必要です。虫歯ケアのポイントについて説明しましょう。

虫歯ができにくい口内環境を

砂糖が含まれる甘い食べ物を食べ続けたり、ジュースやスポーツ飲料を飲み続けたりしていると、口の中では虫歯菌が酸を作り続け、唾液による修復が追い付かなくなります。そうならないよう「食後すぐに歯を磨く」「間食は時間を空けて摂る」といった対策で、虫歯のできにくい口内環境を整えるよう心がけましょう。

正しい歯みがきのコツ

五反田駅前歯医者 虫歯治療 正しい歯磨き

正しい歯みがきをするためには、4つのポイントがあります。次の4つのポイントを押さえて歯磨きを行えば、歯と歯ぐきの状態は良くなるはずです。

1. 歯ブラシのヘッドは自分に合ったものを

歯ブラシのヘッドにはさまざまな種類がありますが、当院では患者様ご自身のお口合った適切な歯ブラシをご提案します。

毛の硬さは普通の硬さのナイロン毛が最適です。硬い毛を使うと、歯や歯肉を傷つける恐れがあります。歯肉炎で出血しているときや痛むときは、毛が柔らかいものを使い、炎症が治まったあとに普通のものに代えるといいでしょう。

2. 歯ブラシは鉛筆を持つように握り、力を入れない

歯ブラシを握りしめ、ゴシゴシと力を入れて歯を磨く人がいますが、それでは歯ぐきを気づ付けてしまいます。また、力を入れて歯ブラシを歯に押し付けると、毛先が倒れてしまい、歯垢を落とせませんし、奥歯にも毛先が届きません。
歯ブラシは鉛筆を持つように軽くにぎり、毛先を立てることを意識してください。

3. 鏡を見ながら磨く

歯磨きをするときは、鏡の前で歯の状態を確認しながら磨きましょう。歯並びは人それぞれで、一つ一つ違う形をしています。鏡を見ながら歯磨きをすれば、歯ブラシがあたりにくい所や、唇に隠れて毛先が届かない場所などが分かります。歯垢はそうした場所にたまりやすいので、特に念入りに磨きましょう。

4、小刻みに毛先を動かす

歯磨きのときは、歯ブラシの毛先を小刻みに動かしましょう。左右に大きく歯ブラシを動かす人がいますが、それでは磨き残しが出てしまいます。歯を1本ずつ磨くようなイメージで、毛先を横に細かく動かし、往復させると歯垢がよく落ちます。

フッ化物を利用した歯磨きによるセルフケア

虫歯予防のセルフケアの基本は歯みがきです。しかし、歯ブラシを使った歯磨きだけでは、残念ながら歯垢をすべて取り除くことはできません。歯磨きのときには歯を強くするフッ化物が化合された歯磨き粉を使い、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯の隙間の汚れを落すなどして、ケアを徹底しましょう。

歯科での定期健診

五反田駅前歯医者 虫歯治療 定期健診

歯ブラシに加え、デンタルフロスなどを使っても、歯垢を100%落とすことはできません。歯科医院での専門的なケアを受けることで、磨き残しや歯石の蓄積などによる虫歯や歯周病の進行を防ぎます。

虫歯は初期のうちであれば、唾液の力で修復することができ、歯科医院に行けば簡単な治療で治すことができます。しかし、一度進行してしまうと、その後は悪化する一方で、最後には歯根だけになり、やがて歯を失ってしまいます。

歯を長持ちさせるには日ごろのケアと早期発見・早期治療が重要。私たちは、地域のみなさまの歯を守るお手伝いをさせていただきます。

自分では気付かない!?前歯の虫歯は要注意

五反田駅前歯医者では、自分でも気付きにくい前歯のむし歯治療にも対応しています。五反田で前歯がしみる、痛む、むし歯が気になる方は、お気軽にご相談ください。