− 入れ歯・義歯治療 −

失った歯をそのままにしていると危険?

五反田駅前歯医者 入れ歯・義歯

虫歯や歯周病、けがなどによって歯を失った場合、人工の歯を入れて歯の機能を補います。これを、ただの見た目の問題や抜けた歯の埋め合わせと軽く考えている方もいらっしゃいます。中には「特に気にならないからそのままでいいや」と放置されている方もいるようです。 しかし、それは歯だけでなく、体全体の健康にかかわる大きな問題です。なぜなら、歯が抜けて空いたスペースできてしまうと、隣接する健康な歯が、スペースを埋めようと動いてしまうのです。

例えば、上の歯が抜けたのに放置したとします。すると、噛み合う下の歯は少しずつ上に向かって移動しはじめ、左右の歯も空いたスペースに向かって倒れはじめます。そうやって、1本の失われることによって歯並び全体が崩れてしまい、口の中全体がバランスを欠いた不健康な状態になってしまいます。

影響は口の中だけに治まりません。噛み合わせが悪くなり、食べ物が噛みにくくなってしまって、十分な咀嚼ができなくなります。咀嚼ができなくなると、食事もおいしくなくなり、食べ物の消化も悪くなって、胃腸に負担がかかります。このように、1本を歯を失うことで、体全体が影響を受けるのです。

歯を失ったときは、放置せず、しっかりと治療しましょう。

当院の院長は昭和大学高齢者歯科に12年在籍した入れ歯の専門家で、日本義歯ケア学会義歯ケアマイスターです。入れ歯を検討されている方や、お悩みの点がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類や構造の違いとは

入れ歯には、どのような種類があるのでしょうか。入れ歯の種類や構造の違いなどについて説明します。

入れ歯は大きく分けて「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2つに分けられます。全ての歯を補う入れ歯のことを総入れ歯と言い、1本でも本人の歯が残っていると部分入れ歯と言います。

部分入れ歯

五反田駅前歯医者 入れ歯・義歯 部分入れ歯

部分的に失われた歯を補うものです。通常は、人工歯が付いた義歯床(しょう)を、歯を失った部分の粘膜に乗せ、残った歯にバネをかけて固定します。
ブリッジと同様、健康な歯にバネをかけますが、ブリッジに比べて歯を削る量が少なく、健康な歯へのダメージも小さくなります。
失われた歯が1本でも、逆に1本しか残っていない場合でも「部分入れ歯」といいます。また、バネを用いず固定する方法もあります。

総入れ歯

五反田駅前歯医者 入れ歯・義歯 総入れ歯

総入れ歯は、すべての歯を失った方のための入れ歯です。安定感が不足し、噛む力も弱いというイメージがありますが、患者様それぞれの口の中の状態に合わせた治療を行うことにより、安定感や噛む力をアップさせることができます。

入れ歯の構造について

通常、部分入れ歯を固定するには「クラスプ」という装置が使います。ほかには、マグネットで固定するものや金属バネを使わない方式のものもあります。

総入れ歯では、顎の粘膜の状態が良くないと安定しないので、シリコンなどを用いることによって安定感を増し、従来に比べて噛み心地をよくしたものもあります。

入れ歯を使うメリットとデメリットは?

歯を失ったときの主な対処法として、入れ歯とブリッジ、インプラントがあります。この中で、入れ歯は治療期間が比較的短期間で済む方法です。

メリットとしては、1本だけでなく数本の歯を失った場合でも、一つの入れ歯で対応ができる点が挙げられるでしょう。保険適用外では、ノンクラスプデンチャーのように目立たない入れ歯もあります。
ブリッジやインプラントのように固定するタイプではないため、修理や調整もしやすいという点もメリットと言えるでしょう。
逆に入れ歯のデメリットとしては次のような点が挙げられます。

  • 1.食べ物のかすが挟まりやすい
  • 2.硬い食べ物が食べにくい
  • 3.バネなどの見た目が良くない
  • 4.手入れに手間がかかる

取り外しがしやすのはメリットでもあるのですが、逆に言うと隙間にものが挟まりやすいということです。口の中はとても敏感なので、髪の毛1本入っただけでも異物感を覚えます。また、硬いものを食べにくいと感じる方も多いようです。ほかには、保険が適用される歯科用プラスチック製の総入れ歯は熱を感じにくく、料理の味わいにも影響があると言われます。

ただ、保険は適用されませんが、土台である床(しょう)部分に金属を使った入れ歯であれば、熱さもしっかり伝わるので、料理もおいしく味わうことができます。

また、中には「夜になって入れ歯を洗浄するのが恥かしく団体旅行などに行けない」とおっしゃる方がいます。そうした点も入れ歯のデメリットになるのかもしれません。

どこが違う?保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯

入れ歯には健康保険を適用できるものと、保険が適用されず、全額自己負担となるものがあります。

保険適用の入れ歯は価格が安くすみますが、素材などに制限があります。一方、自己負担の入れ歯は、装着時の違和感が少なく見た目もいい素材を、希望に合わせて選ぶことができます。

違いをよく理解していただいた上で、自分に合ったものをお選びください。

保険適用の入れ歯の特徴

保険が適用される入れ歯は、レジンと呼ばれる歯科用プラスチック(レジン)でできています。総入れ歯は、固定する部分がありませんので、ピンク色をした土台部分(義歯床) を口の粘膜に吸着させます。部分入れ歯には入れ歯を固定するためのクラスプという装置がついています。

保険適用入れ歯のメリット
  • 治療費が安くつく。
  • 壊れても修理が比較的容易。
保険適用入れ歯のデメリット
  • 全体的に分厚いため、口に装着したとき違和感がある。
  • 素材がプラスチックなので、食べ物の温度を感じにくい。
  • 部分入れ歯には金属製のクラスプがついているため、見た目が悪い

保険適用外の入れ歯にはどんな種類が

保険適用入れ歯の素材には歯科用プラスチック素材しか使えませんが、保険適用外ではさまざまな素材が使えます。主な素材を紹介します。

金属床

入れ歯の一部を薄い金属でつくった入れ歯です。軽量ながら耐久性があり、違和感も少ないのが特徴です。ゴールドやコバルトクロム、チタンなどがありますが、金属によっては金属アレルギー症状が出ることがあります。

五反田駅前歯医者 入れ歯・義歯 金属床
アタッチメントタイプ

自分の歯に入れ歯を固定する装置を取り付けるタイプで、バネは使用しません。費用は比較的高価になります。

ノンクラスプデンチャー

金属バネを使用せずに装着します。見た目がよく違和感もあまりありませんが、装着できるケースが限られます。

五反田駅前歯医者 入れ歯・義歯 ノンクラスプデンチャー
マグネット式

入れ歯側にマグネットが付いていて、歯根に金属板を入れて磁気で固定する方法です。
金属アレルギーがある方には向いていません。

五反田駅前歯医者 入れ歯・義歯 マグネット式

保険適用外の入れ歯メリットとデメリットは?

金属床の入れ歯は、保険のレジンプラスチック床とくらべてかなり薄くすることができ、熱も効率よく伝わるので、食事の温度を感じながら食事を楽しむことができます。

また、厚みが薄いので軽いので、装着感も良いので、保険適用のプラスチック製の入れ歯に比べて、違和感が少なく快適に装着できます。

デメリットとしては、保険適用外なので費用が高くなります。

また、バネの目立たないノンクラスプデンチャーも保険適用外治療ですが、目立たないというメリットの代わりに、通常のバネの入れ歯よりも噛む力が弱くなるというデメリットがあります。

どの入れ歯にもメリットとデメリットがあります。金額だけでなく、自分のライフスタイルを考えたとき、どのような入れ歯がふさわしいのかを考えて、選択しましょう。

入れ歯のお手入れ方法や注意点は?

入れ歯は、まず慣れることが肝心です。最初は入れ歯が気になり、食事のときに気になったり、滑舌がうまくいかず話しづらかったりと、つらいこともたくさんあるでしょう。

しかし、使っているうちに慣れてくれば、しだいに気にならなくなってきます。もし、歯茎がただれてきたら、入れ歯を外してて歯茎を休ませて下さい。

毎日洗って常に清潔に

虫歯予防のために毎日、歯を磨くように、入れ歯も毎日きれいに洗うことが大切です。洗浄を怠ると、入れ歯に虫歯菌や歯周菌などの最近が増殖し、口臭や口内のただれの原因となります。医師の指導などに従い、歯ブラシを使ってしっかり洗いしましょう。

不潔なまま入れ歯を装着すると、虫歯や口内炎の原因になるだけでなく、全身にも悪影響を及ぼします。口の中の最近は誤嚥性肺炎や歯肉がんなど、一部のがんに関与しているとの報告もあります。

入れ歯の清掃は入れ歯専用ブラシや歯ブラシでを使って優しく水洗いしてください。歯みがき粉を使ってはいけません。週に1度は入れ歯洗浄剤を使うと、より清潔に保つことができます。ただし、洗浄の際、60℃以上以上のお湯は使わないでください。高熱で変形することがあります。

また、入れ歯を外した後は、口の中や舌をきれいにしてください。

保管は乾燥を避ける

入れ歯は乾燥に弱く、乾燥してしまうとネジレたり、ゆがんだりしてしまいます。そのため、口に合わなくなってしまうこともあります。外している間は、コップや容器などを使って、水の中で保管してください。

入れ歯の修理について

どんなに精巧につくられた入れ歯でも、必ず微妙に合わなくなります。

保管や使用方法に問題があり、歪んでしまうこともありますが、ほとんど場合は歯茎が痩せ始めることが原因です。
歯を抜いた場合、その後、歯があった場所の歯茎は6カ月ほど、痩せ続けます。それに合わせて、入れ歯も微妙に合わなくなるので定期的な調整が必要となるのです。

少し合わないだけだからと、自分で調整してしまう方もいらっしゃいますが、それでは入れ歯が合わなくなってしまいます。必ず、歯科医院で調整してください。入れ歯を快適に長く使い続けるためには、プロの手による調整が必要です。

入れ歯はインプラントやブリッジに比べ、しっかりとした手入れが大切です。毎日のお手入れに加え、定期検診も受けて入れ歯や口の中の状態をチェックしてもらいましょう。

就寝前に入れ歯は外して

基本的に、夜は就寝前に入れ歯を外します。部分入れ歯の場合は、外して寝なくても良いケースがありますので、歯科医師の指示に従ってください。

入れ歯はあなたの体の一部です

入れ歯は、残念ながらほとんどの方が違和感を覚える治療です。そのため、多くの方がせっかく作った入れ歯を、「必要がない」「異物感がある」など言って、自己判断で使うのをやめてしまいます。

しかし、入れ歯は失われた歯の代わりに食べ物を噛み砕くだけでなく、歯を支える顎の骨や周りの歯を衰えさせず、健康な口内環境を守るために必要不可欠な人工臓器です。

どうか、入れ歯を正しく使って、歯の健康を守ってください。歯の健康は体全体の健康につながります。

入れ歯はあなたの体の一部なのです。