− 初診の流れ −

患者さまの歯の健康を第一に考えた治療

初診時には、患者さまの現在の歯の状態や、日常生活でお困りの点などをお聞きし、必要に応じて詳しい検査を行います。

気になる点や、疑問などがございましたら、どんな些細なことでもお尋ねください。

初診の流れ

1:受付、問診票の記入

診察前に現在の症状や口や歯以外の病気、日常生活でのお悩みなどを問診表に記入いただきます。

「歯がひどく痛む」「歯茎が腫れている」など、応急処置が必要な場合は、優先して応急処置を行います。

2:カウンセリング

患者さまのお口や歯の状態、日常生活でお困りの点、治療に関する不安や希望などを伺います。
治療費や治療期間などのご希望についてもご相談にのります。

3:口腔検査

歯や歯茎、口の中の状態を検査します。口の中の状態によって必要な検査も変わります。患者さま一人ひとりの状態に合わせて詳しく調べます。

妊婦さんにも安心な検査機器「iTero5D」

iTero5D(アイテロ5D)は従来のレントゲンのように放射線を使うのではなく、光学式のカメラを用いて口腔内をスキャンする機器です。
患者様のお口の中の様子を正確にうつすだけでなく3Dデータをリアルタイムに読みとることが可能で、見えづらく自分では見つけづらい虫歯の発見や歯並び等を患者様自身の目でもご確認いただきます。
放射線を用いないので被ばくの心配がなく、妊婦さんでも安心して検査を受けられます。

五反田駅前歯医者 初診の流れ iTero5D
4:検査結果報告と治療方針のご案内

問診票や検査結果、患者さまの希望などを参考に治療方針を決めていきます。
納得いただけるよう、わかりやすい説明を心がけていますが、疑問点やご心配な点がございましたら、お気軽にお尋ねください。

5:歯周病の治療

虫歯治療の場合でも、まずは歯茎の状態を整えるために歯周病の治療を行います。歯茎の状態をよくすることで、虫歯の治療も効果的に進められます。

歯周病が進行している場合は、歯周病治療を優先的に行います。

6:虫歯、噛み合わせなどの治療

歯茎の状態が改善すれば、虫歯や噛み合わせの治療を本格的に開始します。治療は、患者さまの状態に合わせて無理なく進めていきます。

7:予防、メンテナンス

治療が終わった後も、歯磨きやデンタルフロスなどのホームケアと、定期的な歯科医院でのメインテナンスで歯の健康を保つことが大切です。

歯科治療費も医療費控除の対象です

入れ歯や被せ物といった保険診療の費用だけではなく、自費治療でも医療費控除の対象となる場合があります。たとえば、歯の機能回復を目的とした「インプラント治療」や、治療を目的とした歯科矯正などです。

給与所得者の年間の医療費が一定額を超えれば、確定申告を行うことで、所得税の還付を受けられるのが医療費控除です。

当院でも、医療費控除の手続きなどについてアドバイスを行っています。お困りの点などがございましたら、お気軽にご相談ください。