ブログ

インビザラインが虫歯の原因になることがある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯列矯正の治療方法の1つに、インビザラインというものがあります。
これは、マウスピース型の矯正器具を使用する方法で、ブラケットとは違い取り外しが可能なので衛生的であり、快適な方法といわれています。
しかし、そのインビザラインが虫歯の原因になることもあるのです。

その理由と、対処方法について解説します。

何故、虫歯の原因になるのか

インビザラインでは、歯列に合わせて作成されたマウスピースを着用して歯列矯正をしていきます。
食事の際などは外してもいいのですが、なるべく長い着用しておくことが望ましいとされています。

しかし、このようなマウスピースを長時間装着していると、口腔内にはいくつかの影響があります。
例えば、マウスピースを装着している状態が長時間続くため、口が閉じにくくなって口の中が乾燥しやすくなります。

また、マウスピース覆われている状態になるため、歯に唾液が行きわたりにくくなります。
その結果、汚れを洗い流すことができる自浄作用が減少してしまうのです。

口腔内の乾燥も、歯の汚れや唾液が歯に届かないことも、虫歯の原因となるものです。
とはいえ、そのせいですぐに虫歯になるわけではありません。
虫歯になるのは、この状態を放置してしまうからです。

インビザラインの場合は、自分で装置を外すことができます。
そのため、食事の際は外しておくのですが、虫歯を防ぐためには食事を終えた後、再度装着する前にマウスピースを洗い、歯磨きもした上でしっかりと水分を摂っておきましょう。

ちなみに、固定式の金属ブラケットなどの場合、装置の隙間に食べたものが挟まってしまいます。
また、歯磨きの際に装置が邪魔になり、隅々まで磨くのが難しくなってしまいます。
そのせいでブラッシングやお手入れがうまく行えず、十分なケアができずに虫歯となってしまうことが多いのです。
歯間ブラシやフロスを毎日使うなど、丁寧な歯磨きが日々行えればいいのですが、忙しくてできない方もいるでしょう。

その点、インビザラインはお手入れの負担も少なく、虫歯のリスクは低くなります。
しかし、絶対にならないというわけではないのです。
インビザラインでも、対処はしっかりとしなくてはいけません。

虫歯にならないために

インビザラインによる矯正治療中に虫歯にならないようにするには、いくつかの点に注意しなくてはいけません。
その注意点がどのようなものか、解説します。

虫歯にならない対処方法は、第一に歯磨きを丁寧にすることです。
しかし、その際にはいくつかのポイントを守りましょう。

まず、歯磨き粉はフッ素入りのものがおすすめです。
虫歯は、口内に残っている食べカスによって発生した歯垢が酸を産出し、それが歯の表面を溶かしてしまう脱灰によって生じます。

脱灰の状態で長期間放置していると、虫歯はどんどん進行していきます。
しかし、唾液中のリンやカルシウムがその歯に付着すると再石灰化が起こり、元に戻っていきます。

歯には、常に脱灰と再石灰化が起こっているのですが、そのバランスが崩れた時に虫歯になってしまうのです。
そうなるのを防ぐのが、フッ素です。

フッ素には、再石灰化を促進する働きがあります。
今は高濃度のフッ素が含まれる歯磨き粉も市販されているのですが、6歳未満の子供にはあまり濃度が高いものを使用しないことをおすすめします。

また、歯ブラシ以外にもフロスや歯間ブラシなどを使用して、歯と歯の間なども徹底的に汚れを落とすようにしてください。
使用方法については、歯科医院で一度指導を受けておくことをおすすめします。

マウスピースに慣れると、飲食時も着けたままにしている方がいます。
特に飲み物を飲む際に、いちいち外すのが面倒なのでそのままにする、というケースもあるようですが、虫歯を防ぐ観点からはおすすめできません。
なぜなら、マウスピースを着けたまま飲み物を飲むと、歯とマウスピースとの間に糖分が入り込んでしまいます。

その状態で放置しておくと、虫歯になる可能性が高くなります。
ほんの少量であっても、その積み重ねで虫歯になっていくので、そうならないよう、小まめに外すようにしてください。

なお、外したマウスピースは、丁寧に洗浄する必要があります。
日中はともかく、寝る前などは洗浄しておくべきでしょう。
洗浄の際は、手や指で軽くこすって汚れを落とします。

汚れが気になる場合は、スポンジや柔らかめの歯ブラシを使用して洗ってください。
週に1度程度のペースで、専用の洗浄剤を使用してつけおき洗いをすると、よく汚れが落ちます。
洗浄の際は、研磨剤が含まれた歯磨き粉などを使用しないよう注意しましょう。
また、お湯で変形する可能性もあるので、水洗いをしてください。

マウスピースを装着している状態は、口腔内が乾燥しやすくなります。
それを防ぐため、こまめに水分を補給しましょう。
また、その際はなるべく糖分が含まれないものを選ぶことをおすすめします。

まとめ

インビザラインは、取り外しができて衛生的であり、人気のある矯正治療の方法です。
しかし、そのインビザラインが原因で虫歯になってしまうこともあり得ます。
そうなることを防ぐには、普段からのお手入れが大切です。
歯磨きなどを丁寧にすることを心掛け、飲食時はこまめに外すようにして、虫歯になることなく、歯列矯正を行いましょう。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。
一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。