矯正歯科

マウスピース矯正を行う前に知っておきたいデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯列矯正の治療方法の1つに、インビザラインのようなマウスピース矯正があります。
ブラケットなどと違い、必要に応じて取り外しもできる便利な治療方法ですが、いくつかのデメリットがあることは知っておいたほうがいいでしょう。
マウスピース矯正のデメリットについて、解説します。

全般的なデメリット

マウスピース矯正には、使用する器具によっていくつかの種類があります。
デメリットには、多くの種類に共通しているものと、その器具独自のものがあります。
まずは、全般的なデメリットから解説していきます。

まず、マウスピース矯正は治療期間が長いという点がデメリットです。
メタルブランケットなどとは違い、自分でつけたり外したりすることができます。
そのため、食事の時などは外しておくことができます。
しかし、手軽に脱着が可能であることから、何もなくても口内に違和感があると外したくなってしまうことがあるのです。

マウスピース矯正は、器具の種類によって1日の装着時間が異なるのですが、指示された時間通りに装着していないと歯列はなかなか治りません。
そのせいで、治療が長引くことも多いので、強い意志を持って矯正することが大切になるのです。

また、マウスピースは違和感が少なくなるよう、非常に薄い素材でできています。
矯正中は装着したまま就寝するのですが、歯ぎしりをしてしまうと割れてしまう可能性があるのです。

歯ぎしりに限らず、装着したまま強く歯を食いしばっても割れることがあります。
歯を食いしばる癖がある人は、気を付けなければいけません。
なお、顔のマッサージをしてから就寝することで、歯ぎしりが軽減されることもあります。

マウスピース矯正では、治すのが難しい歯並びもあります。
抜歯をしなければ無理な場合や歯がねじれてしまっている場合、奥歯のかみ合わせがずれていて調整が必要な場合などは、マウスピース矯正に向いていません。

さらに、虫歯のリスクが高くなるというのも、マウスピース矯正のデメリットです。
長時間装着して歯を覆わなければならないため、唾液が流れにくくなるのが原因です。
唾液には、歯を殺菌して虫歯になる可能性を低くする効果があるのですが、唾液が流れにくくなると、その分虫歯になるリスクが高まってしまいます。

マウスピース矯正では、何回も歯の型を取ってマウスピースを作り直す必要があります。
その場合、頻繁に通院しなければならないでしょう。
マウスピースの種類によって通院の頻度は異なりますが、頻度が高いと面倒に感じるかもしれません。

このほか、市販されているマウスピースは矯正治療に役立たないという点にも注意が必要です。
また、子供のマウスピース矯正は大人の場合と異なる点があるので、それにも注意してください。

種類別のデメリット

マウスピース矯正の治療方法には、主な種類としてインビザライン、クリアライナー、DENマウスピースの3つがあります。
それぞれのデメリットについて、解説します。

インビザラインは、今のマウスピース矯正の中でも特に人気がありますが、装着時間が最も長いことがデメリットとして挙げられます。
インビザラインの装着時間は1日20時間以上となっていて、食事や歯磨きの時間以外はほとんど装着していなければなりません。

また、他のマウスピースとは違い、3Dシミュレーターを使用して、治療開始時に完了時までに必要なマウスピースをすべて作成してしまいます。
治療を開始する際は、アメリカのインビザライン社に治療計画書や歯型を送付して、フィードバックを受けなければなりません。
そのため、初診から検査を受けて実際に矯正治療を開始するまでに、かなりの期間が必要となります。
通常は、およそ6週間かかるのです。

インビザラインは、顎関節症や重度の歯周病の人に使用することができないというデメリットもあります。
該当する場合は、事前にそれらの症状を治療してからでなければ、矯正治療を始めることができないのです。

また、矯正に伴い抜歯が必要な歯列の場合も、インビザラインだけで矯正することは不可能です。
その場合、ブラケットを使用した矯正と併用する必要があります。

また、インビザラインによる矯正治療中も、矯正装置を付けている場合と同じく虫歯治療ができません。
虫歯治療をすることで歯の状態が変わってしまうので、治療を始める前に虫歯を処置してしまわなければならないのです。

クリアライナーの場合、装着時間の目安は1日17時間前後と若干短くなっています。
マウスピースを作り替えるために、2週間ごとに通院する必要があるのはデメリットでしょう。

クリアライナーは、奥歯のかみ合わせに問題がない状態での前歯の矯正や、歯の隙間を矯正したい場合に向いています。
そのために抜歯をする必要があるので、歯列が複雑な状態の治療には向いていません。

DENマウスピースは、1日の装着時間が8~10時間と最も短くなっています。
その分、治療期間が長くなるのがデメリットです。
こちらも、2週間に1回型を取ってマウスピースを作り直す必要があります。

まとめ

マウスピース矯正は、取り外しが自分でできるため、人気がある矯正方法なのですが、その代わりにいくつかのデメリットがあります。
例えば、なるべく早く歯列矯正を終わらせたいという人には向いていません。
このようなデメリットも理解したうえで、自分に向いている治療方法かどうか歯科医に相談しましょう。
また、歯列の状態によっては選択できない可能性もあるので、その点もご了承ください。

東京都品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。
一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。