ブログ

インプラントの治療費が高額なのは何故なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インプラントは、歯を失ってしまった人に人気のある治療です。

しかし、それにかかる費用はかなり高額なため、高すぎると思っている人も多いでしょう。

インプラントの治療費は、なぜ高額になってしまうのでしょうか?

その理由と、負担を減らす方法について解説します。

インプラント治療が高額な理由

インプラント治療を躊躇する理由として、費用が高額であることを挙げる人は多いでしょう。

なぜ高額になってしまうのか、その理由について解説します。

インプラントが高額なのは、保険が適用されない自由診療だからです。

保険診療の場合、国民健康保険に加入していれば自己負担は1割から3割で、残りは健康保険組合が支払ってくれます。

つまり、10万円かかる治療であれば、保険診療の場合の自己負担額は3万円でいいのです。

しかし、自由診療の場合は全額自分で負担しなくてはならないため、10万円全額を負担することになってしまいます。

歯を失ってしまった場合の他の治療である、入れ歯やブリッジは保険適用できる治療法も選べますが、インプラントは自由診療のみのため、全ての費用を自分でまかなわなければならず、金銭的な負担が大きいのです。

インプラントの価格は、ある程度の基準はあるものの、基本的に歯科医院が各自で金額を設定しています。

材料費と手術の費用、技術費などの合計で、価格が決定されるのです。

そもそも、インプラントに使われる材料が高額であることも、インプラント治療の費用が高い理由の一つです。

世界中で安全性が高いと認められているスウェーデン製やアメリカ製のインプラントを使用するため、高額になるのです。

また、インプラントには歯科用CTを使用しなければならず、手術にも最新の機材が使われます。

大きな神経や血管を傷つけずに安全に手術できるようそうしているのですが、医療用の精密機械を使用する以上は安くできません。

そのため、高額であることも致し方ないといえるでしょう。

なお、歯科用CTは全身用のCTよりも撮影する範囲が狭いのが特徴です。

そのため、全身用CTよりも費用は安くなっています。

インプラント手術は口腔外科の範囲になるため、それに関連する学会に所属しているか、技術習得のための講習会に参加して勉強した歯科医師でなければ施術できません。

中には、海外に技術を学びに行く人もいます。

そういう技術料も治療費に含まれています。

インプラントの治療費は、1本で数十万円かかります。

しかし、一度治療すれば通常10年、長ければ30年ほど使い続けることができます。

保険適用の治療法と比較するとだいぶ高いのですが、その分機能的に優れているため、人気があるのです。

負担を減らすにはどうしたらいい?

高額なインプラント治療は負担が大きすぎるという人は、どうしたらいいのでしょうか?

負担を減らす方法は、いくつかあります。

自分が困っていることから、どの方法が適切なのかを考えてみましょう。

一度にその費用を支払うのが難しい場合は、デンタルローンを利用することを検討しましょう。

歯科医院の中にはローン会社と提携しているところもあり、歯の自由診療にかかる費用は、低金利のローンを利用して支払うことができるケースも多いのです。

通常のローンと同じく審査はありますが、成人していて定期的な収入があればほとんどの場合加入できるでしょう。

また、歯科医院が独自に分割払いを受け付けているところもあります。

インプラント治療にかかる費用は医療費控除の対象になるので、確定申告の際にその費用を申告することで所得税の一部が還付されます。

それによって、負担を減らすことができるでしょう。

医療費控除では、実際の治療費の他に交通費や薬局で購入した薬なども対象になるのですが、申告しなければ控除されることはないので注意しましょう。

インプラントの治療費を控除した場合、どのくらい還付されるのか、あらかじめ試算しておくと良いでしょう。

インプラントにかかる費用は、原則安くなることはありません。

しかし、医療費控除によって所得税から還付されれば、その分だけ負担は少なくなるのです。

会社勤めの人などは、普段確定申告をしないので面倒かもしれませんが、負担を軽減するためにも、やり方を確認したうえで申告しましょう。

医療費控除を受けられる金額は、保険金と10万円を差し引いて最高で200万円までとなっています。

数本ならいいのですが、5本以上となるとその上限を超えることがあるため、その場合は2年に分けて治療を受けるなどするとさらに負担を減らすことができるでしょう。

まとめ

インプラントは非常に人気がある治療ですが、それにかかる費用はかなり高額です。

保険が適用されないため、全額自己負担になってしまうということもありますが、それ以前にインプラント治療自体が高額なのです。

その負担を軽くするには、デンタルローンの活用や医療費控除の申告などがあります。

自分にとって、どの方法が適しているのかを確認してなるべく負担を減らしましょう。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。