ブログ

歯を失ったまま放置していると、どうなってしまう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯や事故等、様々な理由で歯を失ってしまうことがあります。

すぐに治療した方が良いのですが、1本くらいならいいだろうと放置してしまう人もいるでしょう。

しかし、歯を失ったまま放置していることには、大きなリスクがあるのです。

放置しているとどうなるのか、解説します。

歯を失って放置した場合のリスク

歯を失うということは、大変なことです。

永久歯は、失ってしまうと二度と生えてくることはありません。

しかし、1本くらいなら何とかなるのでは、と思って放置する人も多いのです。

特に、奥歯が無くなった場合は外から見えないため、つい治療を後回しにしてしまう人もいるでしょう。

前歯の場合、見た目の問題もあるので放置する人は多くないと考えられます。

しかし、それでも様々な理由から治療ができない人もいるでしょう。

歯を何本も失うと、見た目だけではなく発音にも影響が出てしまい、食事も食べづらくなります。

そして、何よりも問題なのが歯列です。

歯列というのは、歯が連なって列の様になることで形成されているため、たとえ1本でも歯を失ってしまえばきれいな列になりません。

そのせいで、全体的な歯並びも崩れていってしまうのです。

他にも多くの影響があります。

例えば、歯を失うと頬の筋肉が垂れてしまい、老けて見られるようになります。

食べ物を噛むのも難しくなるので、よく噛まないまま飲みこんで消化不良を起こしたり、固いものを食べるのが困難になったりするでしょう。

食べられるものが限られてくると、栄養バランスが崩れて体調不良を起こす可能性があります。

また、発音がしにくくなってくると、話すこと自体を避けるようになるかもしれません。

上下の奥歯が失われた場合、そのまま放置していると噛み合わせに問題が生じます。

歯と歯肉が噛みあうようになってしまい、噛み合わせがずれていくのです。

その状態になると、単に歯の代替品を装着するだけでは問題が解決しません。

歯の向きなどを治す矯正治療や、歯周病の治療なども含めた全体的な治療が必要になってしまいます。

さらに、長い期間をかけて治療やメンテナンスを続けていかなくてはいけません。

奥歯の抜歯と共にインプラントを埋入した場合、噛み合わせがずれることなく高さも適切な状態となり、他の歯にも影響が出なかったという例もあります。

インプラント治療は、正しい噛み合わせを維持するためにも有効ということがわかります。

また、前歯やその近くの歯を失ってしまったときは、他の人からも見えやすく、気になってしまうでしょう。

失った前歯をすぐに処置しなければ、見た目の悪い状態が続いてしまいます。

長く放置していると、その分治療にも時間がかかるようになるため、速やかに処置をしましょう。

歯を抜いたまま放置している場合のリスクとして、歯がずれるという点があります。

歯は、隣の歯と支えあっているため、スペースがあるとそちらに倒れていってしまうのです。

また、下の歯が抜けた場合は、その上の歯に噛みあうものがなくなるため、歯が下りてきてしまう可能性もあります。

状態が悪化すると、下の歯ぐきにぶつかってしまうこともあるのです。

また、上の歯がなくなった場合、下の歯がどんどん伸びてきてしまい、抜けた歯の治療をするときに邪魔になってしまう可能性もあります。

そうなると、治療をする個所も増えてしまうので注意しましょう。

歯を失った時の治療方法

歯を失った場合の主な治療方法として、入れ歯とブリッジ、インプラントの3つがあります。

どの治療方法がいいのかわからない、という人もいるので、それぞれの特徴を解説します。

違いを知り、最も自分に合う治療方法を選びましょう。

入れ歯は、歯茎と一体になった歯の代替品となるパーツを、歯が失われた部分の両隣の歯にばねを引っ掛けるようにして使うものです。

強い力が加わると壊れることが多いので、あまり強く噛むことはできません。

保険診療でも、作成することが可能です。

ブリッジは、歯がなくなった個所の両隣の歯を削り、土台として金属製の歯がつながっている形の被せものを装着する治療方法です。

金属製であれば保険診療が可能ですが、セラミックなど審美性を気にする場合は自由診療になります。

インプラントは、歯茎にインプラント体を埋入してその上に歯の代わりになる以上部構造を装着するもので、他の治療方法と比較して最も強い力で噛むことができるものです。

見た目的にも天然歯に近いものであり、歯の代替品として優れているものですが、保険が適用されないので自由診療のみとなります。

このうち、最もおすすめなのはインプラント治療です。

元々の歯に近い感覚で使えるうえ、長く使うことができます。

気になる方は、一度歯科医院で相談してみてください。

まとめ

歯を失ってしまった場合、その治療には時間がかかるため、面倒に思う人もいるでしょう。

しかし、放置していると治療にかかる時間がさらに長くなっていくので、できるだけ早く治療したほうがいいのです。

治療の方法には、入れ歯とブリッジ、インプラントがあります。

なるべく天然歯と同じように使いたいという人は、インプラント治療がおすすめです。

放置せず、速やかに治療しましょう。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。