インビザライン

【五反田の歯医者】インビザラインとアソアライナーの治療の違いを解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マウスピース矯正といえばインビザラインが世界的に有名ですが、近年は日本で誕生したアソアライナーによる治療を受ける人も増えています。

同じマウスピース矯正ですが、インビザラインとアソアライナーは何が違うのでしょうか?

インビザラインとアソアライナーの治療面における違いについて解説します。

適応症例の違い

インビザラインは、マウスピース矯正の代表的な装置です。

世界中で治療が行われ、マウスピース矯正の中では最も多くのシェアを占めています。

インビザラインは具体的にはどのような症例に適応しているのでしょうか?

インビザラインが適応している症例には、開咬や叢生、上顎前突、上下顎前突などがあります。

また、反対咬合や過蓋咬合にも適応しています。

歯の間の隙間が通常よりも広い空隙歯列にも対応していて、歯の角度を細かく調整したい場合なども向いています。

多くの症例に向いていますが、軽度の矯正治療でもかなりの時間や手間がかかってしまうことが難点です。

一方、アソアライナーは近年日本で誕生したマウスピース矯正装置で、世界でシェアを拡大しつつあります。

アソアライナーの適応症例は、インビザラインとどう違うのでしょうか?

アソアライナーの適応症例で代表的なものとして、部分矯正が挙げられます。

全体的な歯列に問題は無くても、一本の歯だけ、あるいは一部だけが歯列からズレていたり、ねじれて生えていたりしているときの矯正治療に適応しているのです。

また、歯の叢生にも適応しています。

ただし、叢生の全ケースに適応しているわけではありません。

歯冠を削るディスキングによって改善できるような軽度の叢生にだけ適応しているため、重度の叢生に適応していないことに注意が必要です。

アソアライナーで治療が可能な症例は、軽度の不正咬合に限られます。

複雑な不正咬合や全体の歯列矯正には向いていません。

したがって、自分の歯がどの程度の矯正を必要としているのかによって、選択できないケースもあります。

矯正治療を終えた後、歯が元の位置に戻ろうとする後戻りが起こることもありますが、アソアライナーによって防止できる点はメリットです。

リテイナーの代わりになる、ということですが、適応している症例はインビザラインよりも少ない点に注意が必要です。

インビザラインとアソアライナーの適応症例を比べると、インビザラインの方が圧倒的に広い範囲の治療に適応しています。

どちらか選ぶ際は、インビザラインを選んだ方が確実に治療できるでしょう。

インビザラインの矯正治療にかかる期間

矯正治療は、不正咬合と呼ばれる歯並びの悪さを整えるための治療です。

不正咬合にはさまざまな種類があり、症例によって治療にかかる期間は異なります。

したがって、同じ上顎前突でも、前に出ている幅によって治療期間に違いが出ます。

マウスピース矯正に限らず、矯正治療は歯が生えている状態で場所を動かす治療です。

そのため、一度に動かすことのできる幅に制限があります。

「1日で1センチくらい動かせたらいいな」などと思っても、実際にはそこまで一気に動かすことはできません。

インビザラインは、1つのマウスピースにつき歯の位置を0.25mmずつ動かしていくため、1~2週間おきに0.25mmずつ動いていくことになります。

1センチ動かすには、1年前後かかることになるでしょう。

インビザラインの矯正治療にかかる期間は、1年半から3年程度といわれています。

ただし、軽度の矯正治療であれば1年程度で治ることもあるでしょう。

症状によって、治療にかかる期間に大幅な差があります。

アソアライナーの場合は、対応している症状がある程度軽度なものに限られます。

治療にかかる期間も短く、4カ月から1年半ほどです。

矯正治療には何年もかかるケースがあることを踏まえると、アソアライナーの場合は治療完了のタイミングがかなり早いといえるでしょう。

なお、アソアライナーの治療期間に幅があるのは、治療する症例によるものです。

ごくわずかに歯を動かすだけなら4カ月程度ですが、大きく歯を動かす場合は1年以上かかることもあります。

しかし、同じ症例ならインビザラインでも、アソアライナーでも、治療にかかる期間はほとんど変わりません。

インビザラインより、アソアライナーの方が一気に歯を動かすことができるというわけではないからです。

インビザラインの治療期間は長いように思えるかもしれませんが、長くかかるのは歯を大きく動かす場合に限られます。

動かす範囲が小さければ、治療期間も短くなります。

どちらにも適応している症状の場合は、インビザラインとアソアライナーのどちらを選んでも治療可能です。

しかし、想定外の症状などがあるケースを考えると、対応できる症状が多いインビザラインの方が安心して治療を受けられるでしょう。

まとめ

インビザラインとアソアライナーには、適応している症例や治療にかかる期間など、さまざまな相違点があります。

インビザラインは多くの不正咬合の治療ができる一方、アソアライナーが適応しているのは軽度の症状に限られます。

また、治療にかかる期間は同じ症状ならほとんど変わりませんが、インビザラインは複雑な症状にも対応しているため、治療期間が長くなることもあります。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。