ブログ

【五反田駅前の歯医者】レーザーを使用する虫歯治療の特徴について解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科治療では、さまざまな治療にレーザーを使用しています。

歯科医院のメインとなる治療である虫歯治療にも、レーザーを用いることがあるのです。

虫歯治療にレーザーを使用するのはなぜでしょうか?

レーザーによる虫歯治療について、解説します。

レーザーによる虫歯治療のメリットは?

虫歯の治療といえば、タービンやドリルなどの機器を使用して虫歯に感染している部分の歯を削り、除去するのが一般的です。

しかし、近年はレーザーで虫歯を治療するケースも増えています。

レーザーで虫歯治療をすると、さまざまなメリットがあります。

まず、挙げられるのが、健康な歯を守ることができるというメリットです。

レーザーを使用することで健康な歯が守られるのはなぜでしょうか?

削る量を最小限にできる

ドリルで歯を削って虫歯を除去する場合、感染している部分の周囲も一緒に削ることになります。

感染している部分だけを削り、他の部分は一切削らないようにすることは、極めて高難度です。

その点、レーザー治療は熱エネルギーで水分を含む虫歯の感染部分だけを蒸散させることができ、細かな部分も残さず除去できます。

ドリルなどで歯を削る治療と比べて、削る量を最小限にできるのです。

神経を残すことができる

虫歯をレーザーで治療した場合、神経を抜かないことで歯の寿命を延ばすことができるというメリットもあります。

神経を抜くと、歯は脆くなり、割れることも多くなるので、神経を抜かなければ寿命は延びるのです。

虫歯が深くまで進行した場合、従来は治療のために神経を抜かなくてはならないケースがよくありました。

しかし、レーザーで治療した場合は、神経を抜かずに治療できる可能性が高くなったのです。

痛みがないため麻酔が不要

虫歯の治療で歯を削るとき、軽度であれば麻酔を使用せずに削ることもあります。

しかし、少し深い虫歯になると、削るときに痛みが生じる可能性があるため、通常は麻酔をして痛みを和らげます。

ただし、なかには麻酔が効きにくい体質であったり、麻酔が苦手だったりする人もいます。

また、妊娠中は麻酔が不安という人もいるでしょう。

レーザー治療の場合は、痛みがほとんどない無痛治療に近づけることができるため、麻酔が苦手な方や高齢の方、高血圧で心拍数が気になるという方、向精神薬を服用している方でも安心して治療を受けることができます。

歯質を強化して虫歯を予防できる

歯は酸化によって表面のエナメル質が溶け出す脱灰と、唾液で歯のミネラルを補給する再石灰化を繰り返しています。

しかし、脱灰だけが進んでしまうと虫歯になってしまい、放っておくと悪化してしまうのです。

レーザーを歯に照射すると、歯を構成しているエナメル質や象牙質などの耐酸性を高めることができるため、溶けにくい歯になります。

さらに、脱灰しにくいように強化することもできるのです。

知覚過敏の治療もできる

レーザー治療は、知覚過敏の治療にも役立ちます。

知覚過敏になると、本来ならエナメル質に守られているはずの象牙質がむき出しになり、神経に刺激が伝わりやすい状態になっています。

熱エネルギーは歯の再石灰化を助けるため、エナメル質を回復させることが可能です。

熱いものや冷たいものを食べたときなどに、神経へと刺激が伝わることを防止できるため、知覚過敏の治療に効果があります。

レーザー治療とはどのようなものか

削る量を最小限にして痛みを抑える歯科治療は、歯科治療における重要なテーマとして日々開発が進められています。

なかでも、レーザー治療は注目されている治療方法です。

レーザー治療に使用するレーザーにはいくつかの種類があり、症状によって使い分けられています。

特に広く使われているのがエルビウムヤグレーザーというレーザーで、虫歯の治療や歯周病治療などに用いられます。

レーザーを使用する虫歯治療は、以前は自由診療でした。

しかし、近年は保険診療となったため、治療費も安くなっています。

保険診療になったということは、安全性についてもしっかり確認されているということであるため、安心して治療を受けられるでしょう。

レーザー治療の流れ

レーザー治療の流れについて解説します。

治療の際は、レーザーの光から目を保護するため、サングラスを装着しなければなりません。

レーザーを照射したら、少しずつ動かして虫歯全体に当てるようにします。

虫歯をレーザーで削り取ることができたら、殺菌して消毒し、無菌の状態にします。

虫歯を取り除いたところの型を採り、詰めものや被せものを作製して被せたら、治療は完了です。

まとめ

虫歯の治療には、従来のタービンやドリルではなくレーザーを使用するケースもあります。

レーザーによる治療は、光を照射して虫歯になっている部分を照らし、蒸散させます。

虫歯になっているところのみに効果があり、従来の治療よりも精密に歯を削ることができるため、歯の健康を守ることに役立ちます。

神経を残せる可能性も高くなり、知覚過敏の治療などにも役立つでしょう。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。