ブログ

【五反田駅前の歯医者】光殺菌治療(PDT)はどのような治療に役立つのか解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院で行う治療には、薬剤を使用した治療や外科的治療などさまざまなものがありますが、最近は、光殺菌治療という光の照射による殺菌を行うケースが増えてきているようです。

光殺菌治療は、どのような治療に役立つのでしょうか?

また、光殺菌治療をプラスした治療もあります。

光殺菌治療で行う治療について解説します。

光殺菌治療が応用できる治療は?

光殺菌治療は、名前の通り殺菌が治癒促進に繋がる歯科治療に有効です。

つまり通常の治療に光殺菌治療を加えることで、よりよい治療を実施でき、治癒期間の短縮や感染の再発防止などの効果も期待できます。

光殺菌治療が歯にやさしいといわれているのは、上述のような効果があるからです。

具体的には、どのような治療を行う時に光殺菌治療を一緒に行うと、治療効果が高まるのでしょうか?

まず、歯科医院を受診する原因として特に多い虫歯の治療に役立ちます。

虫歯は、虫歯の原因菌である細菌が歯を溶かし、脱灰を起こして歯を欠けさせますが、光殺菌治療を行うと原因である細菌を殺菌できるため、虫歯の進行を食い止めることができるのです。

歯周病治療にも、光殺菌治療は役立ちます。

歯周病も、歯周病菌という細菌が原因で起こる病気で、歯周病菌が増殖すると歯茎や歯槽骨などの歯周組織が炎症を起こし、溶けてしまうのです。

歯周病が悪化すると、歯を支えることができなくなって歯が抜けてしまいます。

光殺菌治療を行うと、歯周病菌を大きく減らすことができるため、治療が進みやすくなるのです。

歯の内側の根管という部分を治療して、歯の神経などが含まれる歯髄を除去する抜髄などの治療を行う根管治療も、光殺菌治療を併用することで効果が高まります。

歯根内部を無菌化する必要があるので、光殺菌治療が効果的です。

インプラント治療を受けた後は、歯周病に似たインプラント周囲炎になることがあります。

歯周組織に細菌感染が起こることで、支えを失ったインプラント体が抜けてしまうこともあるのです。

光殺菌治療は、インプラント周囲炎の原因となる細菌を殺菌して除去することができるため、治療が終わるまでの期間が短くなります。

他にも、口内炎や口唇ヘルペス、皮膚などに起こる感染症にも役立ちます。

なぜ光殺菌治療で効果が高まるのか

歯科治療において、殺菌をきちんとできるかどうかで治療の成功率が大きく変わる治療は多いのですが、できれば成功率をなるべく高くしたいものです。

成功率を高めるための方法の1つが、光殺菌治療をプラスすることなのです。

例えば、歯周病の治療をする場合、基本となるのは歯周病の原因となる細菌を除去することです。

通常の治療では、歯面に付着した歯垢や歯石などを除去して、歯茎にできた歯周ポケットの内部や歯根表面の歯石、汚染されたセメント質や象牙質などを除去します。

除去した後は、再度付着しないように歯根面を滑らかにする、ルートプレーニングを行います。

進行が深くなった重度歯周病の場合は、歯周組織再生術なども必要となるでしょう。

しかし、歯周病の治療にはかなりの時間がかかることが難点です。

光殺菌治療を行うことで、治療にかかる時間を短縮できるのです。

歯垢の中にたくさんいる目に見えないほど小さな細菌も、光殺菌治療であれば除去が可能です。

歯科治療と光殺菌を併用する場合、歯周病なら歯根面と歯周ポケットに通常の治療を行ってから、残った歯周病菌を光殺菌で除去し、治療効果を高めます。

歯周病菌は毒素を産生して分解酵素を活性化させる働きがあるのですが、光殺菌によって低下させることが可能です。

また、殺菌効果だけではなく、病巣歯根面を無毒化する働きにも期待できます。

治療時の切開など、創傷治癒を阻害することもなく、治癒をさらに促進する効果にも期待できるでしょう。

歯周病の原因菌を殺菌する治療には、歯肉炎や歯周炎、インプラント周囲炎などがあります。

また、歯周疾患の急性症状を緩和し、歯周病のメインテナンスなどの治療も可能です。

根管治療は、歯髄の細菌感染による炎症や、失活歯の歯根部での炎症などが起こった場合で、歯を残すことができると判断された場合に行われる治療です。

細菌感染を起こした歯髄や象牙質などは除去し、消毒して無菌化したうえで根管治療薬の充填処理を行いますが、最も注意しなくてはならないのが再発リスクを低減することです。

従来の根管治療でも念入りに消毒をしますが、根管は形状が複雑なので届かないところもあります。

一方、光殺菌治療であれば、残さず消毒できるでしょう。

まとめ

光殺菌治療は、虫歯の治療や歯周病治療などで、疾患の原因となる細菌を除去することができるため、治療にかかる期間を早くして治療の効果を高めることができます。

特に、歯周病の治療で光殺菌治療を併用すれば、奥深くにあり除去することが難しい歯周病菌なども残さず除去できるのです。

殺菌がきちんとできているかどうかで治療の成功率が変わるケースもあるので、消毒は念入りに行いましょう。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。