ブログ

【五反田駅前の歯医者】レーザーを使用する歯周病治療の特徴について解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科治療において、レーザー治療を使用するケースが増えています。

レーザーはさまざまな治療に役立ちます、なかでも歯周病治療において大きなメリットがあるのです。

歯周病治療におけるレーザー治療のメリットとはどのようなものでしょうか?

レーザーを使用する歯周病治療にどのような特徴があるのか、解説します。

歯周病治療におけるレーザーの役割

歯周病は、原因となる歯周病菌という細菌が増殖し、歯周組織を破壊する病気です。

歯周病菌が増えるのはいくつかの原因がありますが、なかでも歯垢や歯石などが口内にあると、増殖しやすい傾向があります。

歯周病が進行すると、歯の根元に歯周ポケットという溝ができ、中に歯垢や歯石が入り込みます。

入り込んだ歯垢や歯石は除去しづらいため、歯周病がさらに進行してしまうのです。

歯に付着するよりも歯茎に直接接しているほうが、歯周病の進行も早くなってしまうでしょう。

歯周病を治療するということは、歯周病菌を減らすということです。

減らすためには、歯周ポケットが深くなった場合は浅くし、できれば塞ぐ必要があります。

歯周病菌が減少して歯周組織の状態が改善されれば、歯の根に歯周組織が付着してしっかりと支えている健康的な状態に戻ります。

歯周ポケットが浅くなれば、内部の歯垢もブラッシングで取り除くことができるでしょう。

しかし、歯周ポケットが深い場合、奥深くにある歯石や歯垢はブラッシングでは除去できません。

除去するためには、歯科医院で治療を受けなくてはならないのです。

歯周ポケットの奥にある歯垢や歯石を除去する方法として、スケーリングが挙げられます。

スケーリングは、スケーラーという器具を用いて歯垢や歯石を削り取るようにして、除去するという方法です。

また、歯周病菌を減らすことも重要です。

ただし、歯周病菌を死滅させた場合でも、細菌にはエンドトキシンという毒物が含まれているため、無毒化しなくてはなりません。

スケーラーで除去する場合は、抗菌薬を併用して細菌を死滅させた後、エンドトキシンを無毒化させます。

ただし、抗菌薬には副作用の可能性があり、多用すると耐性菌が誕生して薬が効かなくなることがあるのです。

また、エンドトキシンは歯の根にも染み込んでしまいます。

染み込んだ毒素はバイオフィルムによって守られているため、無毒化と治療が困難だったのです。

レーザーを用いて治療する場合、光と熱がスケーラーでは除去が難しい歯周ポケットの奥にまで届き、歯周ポケット内部が複雑な形をしている場合でもしっかりと届きます。

従来の方法よりも効率よく、かつ精密に細菌を死滅させることができるようになったのです。

また、歯の根に染み込んだ毒素を無毒化することもでき、抗菌薬のように耐性菌が誕生する心配もありません。

炎症を起こしている組織についても、レーザーで治療することで蒸散し、歯茎の治癒や歯根との再付着を促進するという効果もあります。

歯周病の治療に使用されるレーザーは、エルビウムヤグレーザーが一般的ではあるものの症状によっては違うレーザーを使用することもあります。

特徴の異なるレーザーを使い分けることで、効果を高めることができるのです。

レーザーの種類と効果の違い

歯科医院で使用されるレーザーにはいくつかの種類があります。

歯周病治療に使用されるレーザーとして、何があるのでしょうか?

代表的なレーザーの種類と主な効果について、解説します。

まず挙げられるのが、炭酸ガスレーザーというレーザーです。

歯科治療において最もメジャーなレーザーであり、歯茎の切開や切除などの軟組織の切開に用いられます。

エルビウムヤグレーザー(Er:YAGレーザー)は、歯科用レーザーのなかで歯茎などの軟組織だけではなく、歯石のような硬組織を除去することができる唯一のレーザーです。

水に対する吸収性も高いため、組織表面にエネルギーを集中させることができ、安全性が高いという特徴もあります。

レーザーを使って歯石を歯根面からはがし、プラークに含まれている歯周病菌を死滅させる効果があります。

低出力で殺菌効果も十分にあるため、安心して使用できるでしょう。

他にも、光線力学療法(PDT治療)に用いる半導体レーザーなどがあります。

レーザーで歯周病菌を死滅させるという治療方法で、負担が少ない歯周病治療とも呼ばれています。

ただし、科学的根拠に基づいた裏付けが不十分なため、まだ広く使用されてはいません。

まとめ

歯周病の治療にレーザーを用いた場合、安全に歯茎を切開することができ、切開しなくても歯周ポケットの奥にある歯石を除去することが可能です。

また、歯周病菌を減らし、歯周病菌が増える原因となる歯石も安全に除去することができます。

歯科治療に使用されるレーザーにはいくつかの種類があるため、症状によって使い分けることでより効果的に治療できるでしょう。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。