ブログ

【五反田駅前の歯医者】レーザーを使用するメラニン色素の除去について解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯に着色汚れが付いたときは、ホワイトニングできれいにすることができます。

しかし、実は歯茎も黒ずんでしまうことがあるのです。

ホワイトニングのように薬剤で落とすこともできますが、レーザーでもきれいにすることができます。

レーザーによる、歯茎の黒ずみの原因となるメラニン色素の除去について、解説します。

歯茎が黒ずむ原因とは?

歯茎は、健康な状態であればピンク色をしていますが、気付いたときに一部が黒ずんでいたという人もいるでしょう。

歯茎はなぜ黒ずむことがあるのでしょうか?

歯茎が黒ずむ原因として、まず喫煙が挙げられます。

喫煙は歯が黄ばむ原因にもなりますが、含まれているニコチンやタールが歯茎を刺激して、メラニン色素を増やしてしまうことがあるのです。

メラニン色素はシミやそばかすの原因にもなる色素で、紫外線を多く浴びたときにも分泌量が増えて肌を黒くします。

タバコのニコチンは血管を収縮させ、一酸化炭素が酸素不足を招いてしまうため、歯茎への血流が滞って赤黒くなってしまうこともあります。

ニコチンやタールは、直接タバコを吸わない人でも受動喫煙によって吸い込んでしまうことがあります。

周囲にタバコを吸う人がいる場合は注意しましょう。

また、喫煙をしなければメラニン色素が増えることはないというわけではありません。

歯磨きの際に力を入れ過ぎるなど、歯茎に強い刺激を加えると増えることがあるため、普段から気をつけましょう。

虫歯の治療をしたとき、金属製の銀歯と呼ばれる被せものや詰めものを着けている場合、金属の成分が溶けだしてしまうことがあります。

歯茎に溶けだした成分が蓄積することで、黒ずんでしまうのです。

ブラックマージンやメタルタトゥーとも呼ばれ、主に歯と歯茎の境目の部分が黒くなってしまいます。

同じ金属でも、金歯の場合は黒くなることがありません。

重度の歯周病になった場合も、歯茎が黒くなることがあります。

色素沈着ではなく、歯周病が進行することでだんだん赤黒くなっていくのです。

重度の歯周病になると、歯茎の変色だけではなく、歯を失う可能性も高くなります。

レーザーによる歯茎の治療

歯茎の黒ずみは、薬剤を用いたガムピーリングできれいにすることができます。

そのほかに、レーザー治療によってもきれいにすることが可能です。

歯茎の黒ずみに対しては、エルビウムヤグレーザーを使用します。

レーザーで治療する場合は、歯茎の黒ずんでいる部分にレーザーを照射することで、色素を蒸散させます。

何回か治療を続けることで、健康なピンク色の歯茎になっていくのです。

レーザーによる歯茎の黒ずみ除去は、痛みがほとんどありません。

歯茎をはがすわけではなく、内部の色素を破壊するだけなのでほとんどダメージはないのです。

エルビウムヤグレーザーは、歯茎の黒ずみ以外にもさまざまな治療に用いられるレーザーです。

虫歯の治療や顎関節症の治療、止血、口内炎の治療、歯根部分の治療、歯肉炎や歯周病の治療、顎関節症の治療、軟組織の切開などにも用いられています。

歯科にはほかにもいくつかの治療用レーザーの種類があります。

エルビウムヤグレーザーはレーザーの中で唯一、歯を削ったり歯石をはがしたりする硬組織への治療が認可されている歯科用レーザーなのです。

エルビウムヤグレーザーには、出力が低く熱の発生が少ないという特徴もあります。

熱の発生が少ないということは、歯茎に与えるダメージが少ないということであるため、治療後に痛みが生じることも少ないです。

歯茎の黒ずみを防ぐには

歯茎が黒ずんだ場合はレーザーで治療できますが、そもそも黒くならないよう日頃から注意するに越したことはありません。

歯茎の黒ずみを防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

まず、タバコが原因の場合は禁煙をおすすめします。

副流煙でも黒くなるとはいえ、自分で吸っている人の方が黒くなりやすいでしょう。

また、禁煙していないと治療しても再発する可能性が高まります。

歯茎に対して歯ブラシを使ったマッサージなどの刺激を与え続けた場合にも黒ずむことがあるため、力加減には注意してください。

金銀パラジウム合金製の銀歯や銀合金の銀歯を装着していると、歯茎が黒ずむ原因となります。

これを防ぐには、ほかの素材の被せものや詰めものに交換するとよいでしょう。

交換後の素材として、セラミックやジルコニアなどが人気です。

また、金属製でも金合金や白金合金などの素材でできたものであれば、溶けだすことが少ないため歯茎が黒ずむことも滅多にありません。

見た目や価格がそれぞれ異なるので、よく考えたうえで交換しましょう。

まとめ

歯茎が黒ずむのは、歯茎にメラニン色素が沈着することや金属の被せものが溶けだしてしまうこと、重度の歯周病で赤黒くなってしまうことなどが原因です。

喫煙の習慣があったり、歯茎を強くマッサージしたりするとメラニン色素が増えやすいため、気をつけましょう。

治療する場合は、エルビウムヤグレーザーを使用してメラニン色素に照射し、色素を破壊することできれいな歯茎に戻すことができます。

東京品川区五反田周辺で矯正治療をご検討の際には、是非、当院にご相談下さい。

一人一人に合った治療方法をご提案させて頂きます。